欧米で始まったファーストシューズの習慣

ファーストシューズとは

ファーストシューズとは、赤ちゃんが初めて履く靴のこと。ヨーロッパではファーストシューズを玄関に飾っておくと、その家に幸せが訪れるという言い伝えがあります。
また、まだ赤ちゃんのいない夫婦が赤ちゃん用の靴を飾っておくと、神様がその靴に合った赤ちゃんを授けてくれるといった言い伝えも。家の中でも靴を履く習慣があるヨーロッパだからこそ、靴にまつわるさまざまな言い伝えが生まれたのかもしれません。
赤ちゃんが身につけるものの中でも、立ち上がる、歩き出すなど成長をイメージさせるアイテムとして、特にファーストシューズの習慣は大切にされてきました。そうした記念としての意味合いだけでなく、靴を履く練習としても重要視されています。
赤ちゃんが初めて履いた靴として、その子が成長した後も大事に取っておく家庭も多いファーストシューズ。もちろん出産祝いの品としても、人気のアイテムになっています。

今までにない出産祝いとして注目のアイテム

人気の出産祝いといえば、ベビー服やタオルセット、さらに絵本やベビーカーなど、さまざまな定番品があります。こうしたアイテム以外にも、おくるみのように日本の伝統に根ざしたお祝いの品も少なくありません。同様に欧米の伝統的な出産祝いといえば、まず思い浮かぶのは銀のスプーンでしょうか。このように、出産祝いの品は実にさまざま。
ただ、いざ贈る側となって商品を選ぶとなると、「他の人と被ってしまうと相手も困るのでは?」といった理由から、ついつい「いくつあっても困らない商品」を選んでしまうことも多いと思います。
ファーストシューズも、日本ではまだおくるみや銀のスプーンほどの認知度はありませんが、新しい出産祝いの品として人気を集めています。
欧米での言い伝えなどファーストシューズにまつわるエピソードを伝えつつプレゼントすると、いっそう喜んでもらえるのではないでしょうか。また、赤ちゃんが生まれたご夫婦の間で、ご主人から奥様に感謝の気持ちを込めて贈っても喜ばれるアイテムです。
そんなファーストシューズの中でも特に注目したいのが、贈られた側が手作りするタイプ。赤ちゃん用なので構造がシンプルで作るのも簡単。しかも赤ちゃんの両親に対して「この子のファーストシューズを作ったのは、自分たちなんだ」という「家族のストーリー」も贈ることができます。
また、贈られた側にも「こんな風に出来上がったよ」と、感謝の気持ちが返ってくる点も人気の理由のようです。

 

ニュース

[2016.10.25]バッグキット「コロン」発売開始。[10.26~11.7]「東京デザインウィーク2106」プロ展に出展。

  • お祝い・赤ちゃんコラム
  • ファーストシューズとは
  • ファーストシューズの選び方
  • 出産祝いのマナー
  • 出産祝の豆知識
  • お祝辞
  • 名入れ
  • もらって嬉しいお祝いアイテム
  • お祝いメッセージの書き方